白い歯にしたい方へWhite teeth

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは

ホワイトニングは、薬剤を歯の表面に塗布して歯を白くする方法です。

適応症は、コーヒー、紅茶、赤ワインなどの色素が歯の表面から内部にまで沈着している場合です。

ホームホワイトニングについては、専用の患者様個々に製作した器具を1-2時間ほどつけていただくものです。ホワイトニングには、医院で行うオフィスホワイトニングとお家で行うホームホワイトニングがあります。

歯の変色の原因とは?

外側からくる変色

外側からくる変色

飲食による歯への着色がNo.1です。タバコはもちろん、赤ワインやコーラ、オレンジジュース、人参ジュースなど、色の濃いジュース類も歯に色をつけます。そのほか、カレー、ケチャップ、チョコレートやブドウ、ブルーベリー、プルーンなどの果汁も着色しやすい食品です。

また、口紅も注意が必要です。喫煙もそうですが、これらを飲食したからと言って、すぐに歯の色が変わってしまうわけではありません。ただ長く頻繁に口にしているほど、着色は進んでいきますので、注意が必要です。

内側からくる変色

加齢変化による変色

生えたての歯の象牙質は淡いクリーム色をしているのですが、肌の老化と同じで新陳代謝により年々この色が濃くなってきてしまいます。またエナメル質も毎日の歯磨きや歯軋り、毎日の食事などで薄くなり内側の象牙質の色が強くなってきてしまいます。この二つの相互作用により歯の色が黄色くなってくるのです。

薬剤による変色

テトラサイクリンという抗生剤によっても象牙質の色が変色します。永久歯の象牙質ができてくる乳児から7歳くらいの間にこの薬を長期間飲むと象牙質に色素が沈着してしまい歯の色がかなり濃くなったり歯に縞模様ができたりします。

神経を取ることによる変色

歯の神経をとってしまったり神経が死んでしまったりした場合でも象牙質が茶色に変色してきます。これは歯に栄養が行き渡らなくなったために起こります。

ホワイトニングのメカニズム

ホワイトニングのメカニズム ①

ホワイトニングのメカニズム ①

歯の色が黄色い状態

歯の中の色素が多いため、歯の色が黄色く見えている状態です。

ホワイトニングのメカニズム ②

ホワイトニングのメカニズム ②

ホワイトニング剤を塗布

ホワイトニング剤を塗布し、過酸化尿素(または過酸化水素)が色素を分解している状態です。

ホワイトニングのメカニズム ③

ホワイトニングのメカニズム ③

歯が白く美しく変身!

色素が減り、歯が白くなりました!

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯形に合わせた専用のマウスピースを作り、自宅でホワイトニング剤を入れたマウスピースを毎日1~2時間装着して、歯を白くしていく方法です。

低濃度の薬剤を使用し、1週間~2週間、時間かけてじっくりと白くしていきます。個人差はありますが、ゆっくり浸透していく分、オフィスホワイトニングよりも効果が持続することが特徴です。

オフィスホワイトニング ~早く歯を白くしたい方へ~

オフィスホワイトニング ~早く歯を白くしたい方へ~

オフィスホワイトニングは忙しい方や、自分でやるのが面倒な方に最適です。また、ホームホワイトニングよりも、早く効果がでるので、とにかく早く歯を白くしたいという方にお勧めです。

ただし、効果は様々です。色調により効果が出にくい場合もあります。ほとんどの場合は、1日で『歯が白くなった』と実感していただけます。

クレジットカード各種取り扱いできます。

クレジットカード各種

PAGE TOP